FC2ブログ

実家の片付け。食べ物は、なかなか捨てられない。

CIMG9801.jpg

母が去年に亡くなった後、父は一人で暮らしています。

母の遺品整理を終え、実家の片付けをしていたら、賞味期限の過ぎた食べ物によく出会いました。

これが、自分のモノだったら、サクサク判断できますが、ここは父の家です。だから父の考えに従います。父の基準は大体こんな感じです。

たとえば、

期限が切れたインスタントコーヒー → 好きなので期限が切れていても、飲めたらOK。実際に飲んでいってなくなりました。
期限が切れたとろろこんぶ → 好きなので期限が切れても食べられたらOK。実際に食べているので、こちらもなくなりました。

絶対捨てるのは、あきらかに、どこからみても、傷んでるもの、のみです。

ところが、この中間がありましてね。

好きでも嫌いでもない。とはいえ使い方を知らない。しかしもったいないので捨てない(→しかし、使わない。無限ループなのです)。


そんな食べ物の一つがぎょうざの皮でした。

ぎょうざの皮を冷凍庫で見つけたときは、すでに賞味期限が切れていました。去年、母が買って、冷凍しておいたものです。

処分する?使う?と父に聞くと、「冷凍しておけばな大丈夫だし、あとで使うから、捨てない」と言いました。

まぁそういうなら。。。と思って、ほおっておいたら、年を越しました(;^_^A

正直、今後もぎょうざの皮は使わんやろうなぁ。。。だったら、私が使った方が早いな~と、思いました。


そういうわけで、父に「ぎょうざの皮、使っていい?」と聞くと、二つ返事です。最初からそうしておくのでした。


先日実家に帰ったとき、ぎょうざの具を作って持っていったのは、そんな経緯です。

過去記事:ジップロックコンテナーの長方形1100mlについて。保存容器以外の使い方は、私の場合はこんな感じ。


そんなわけで、冷凍していたとはいえ、一年前のぎょうざの皮です。大丈夫なんでしょうか。。。。解凍して袋を開け、くんくん臭ってみると、傷んでる臭いはありませんでした。

食べるのは父と私のみ。食べてあたっても気が楽です(^^ゞ

傷んではいませんでしたが、上の方のぎょうざの皮は、乾燥して固くてヒダが作れませんでした。だから一か所だけ止めておきました。

下の方のぎょうざの皮は水分を含みすぎて、びろびろと伸び放題。必死につつみこんで、真ん中に置きました。

後は、焼いて、ラー油としょうゆと鹿児島の黒酢で、美味しくいただきました^^v

冷蔵庫もすっきり!父も納得!私も心の荷がおりました!


ちなみに冷蔵庫には10年前の小豆と、金時豆と、黒豆があります。これもそろそろやっつけにかかろうと思います(`・ω・´)ゞ


それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村



いつも参考にさせていだいています^^

にほんブログ村テーマ 少ないモノで暮らすへ
少ないモノで暮らす

にほんブログ村テーマ 冷蔵庫の整理・収納へ
冷蔵庫の整理・収納
スポンサーサイト
2019-02-16 : 実家の片付け : コメント : 0 :

ジップロックコンテナーの長方形1100mlについて。保存容器以外の使い方は、私の場合はこんな感じ。

CIMG9795.jpg

先日、実家に帰ったときのお土産は、ぎょうざの具(左)と、ごっずいの素(右)でした。

ごっずいの素とは、このブログでは何度も出てきている、父の大好物です。


***

「ごっずいの素」とは、大豆を一晩水に浸けて、粗くつぶしたもので、それをお味噌汁の中に入れます。鹿児島の郷土料理だそうで、父は幼いころ、よく食べていたそうです。

「ごっずいの素」を知りたかったから過去記事でどうぞ(・∀・)

過去記事: 毎週、実家へ帰っています。帰ると、高齢の父には、なにかしら事件がある。

***

ぎょうざの具は、ジップロックコンテナーの長方形 1100ml に入れています。

こちら、長方形の浅型です。(画像は旭化成のホームページからお借りしました)

長方形 1100ml 1個入

保存容器ですが、バットの代わりにもなります。浅めで、長方形タイプなので、バットのように使えて、勝手がいいのです。

切った野菜をおいたり、下味をつけたり、写真のようにぎょうざの具を平らにしたりと、料理の下ごしらえにもよく使っています。


ただ、よく言われるように、リニューアルしてから、ふちの部分がせまいので、洗いづらく、拭きづらいというのは本当です。

さらに強度があまりないというのも、本当でした。冷凍庫から出した時、誤って落としてしまったことがありました。すぐ穴が開いちゃいまして(;´∀`)

ジップロック自身がうすめなので、凍ると、ぱりっといく感じです。


そういうわけで、洗うときはスポンジの角をふちのミゾを使ってあらっています。

そして、拭くときは、さっと吹いたら、立けかけて、乾燥させています。翌朝にしまうころにはだいたい乾いています。

あと、強度に関しては、冷凍庫から出す時は手元に気を付けています。

とまぁ、それぐらいの対策です。というかそれぐらいしかしか思いつきません。


とはいえ、ジップロックコンテナーは、スタックしてもずれることはないですし、ガラスやホーローと違って軽いし、使いやすい。冷凍から出す時は気を付けないといけませんが、それ以外はがんがん使っても問題はありません。

デメリットもあるけれど、私にっては、メリットほうが多いです。

そういうわけで、愛用しています。


ちなみにぎょうざの具に、縦3つ、横に4つスジを入れています。合計20ブロックあります。1ブロックが餃子1個分の具です。これは餃子の皮の枚数に合わせています。

こうやってあらかじめ分けて置くおかげで、最後にぎょうざの具が大量に余るとか、スッゴク少ない餃子になることが防げます。


ただし・・・・・。ワンブロックの量が少し多い少ないと違いますが、そこは手作りならではものとして見逃してやってください(;^ω^)

というわけで、父宅で一年ぶりのぎょうざを楽しんだのでした!


それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


いつも参考にさせていだいています^^

にほんブログ村テーマ 少ないモノで暮らすへ
少ないモノで暮らす

にほんブログ村テーマ 暮らしごと。へ
暮らしごと。
2019-02-12 : 暮らしの工夫 : コメント : 0 :

保存食づくり。道具はなるべく買い足さずに、自宅にあるモノで工夫しています。

モノが少ない生活は、不便だなぁと思われるかもしれません。

確かにたま~にそう思うこともあります。でもモノが増えると、その分場所も管理する手間もかかります。そういうわけで、工夫できるなら、モノをふやさずに、今あるモノで、工夫をしていこうと思っています。

今年の冬はほんとうに大根をよく食べました。近所の農家さんが、「今年は大根が豊作なんだよ~」と言っていたのですが、それはホントでした。とにかくいろんなところからよくいただいたのです。

一度に二本三本といただくと、そのうちの一本はさっそく保存食づくりです。


漬物にしようか、はたまた佃煮にしようか、甘酢漬けにしようか、新しいレシピに挑戦しようか。。。。いろいろ悩みました。

でも、いずれにせよ、最初は塩で下漬けするわけです。しっかり水をだすには、やはり重石がほしいところ。


そんな重石も、昔は買おうと思っていたんですが、いろいろ考えて、今では家にあるモノで、重石の代わりにして下漬けするようになりました。

用意するものは大小のボウル各1コ。そしてお皿1枚。

まずは、大きなボウルに、大根のいちょう切りを入れます。

CIMG9825.jpg

そしてお皿をのせます。

CIMG9828.jpg

バランスを良くとって(;´∀`)・・・・水を入れたボウルをのせます。
CIMG9830.jpg

もちろん水じゃなくっても、塩1袋とか、砂糖1袋(グラニュー糖のように紙袋じゃなくてビニール袋に入っているのがいいと思う)をポンとのせてもいいと思います。

一晩おいたら、ボウルとお皿はお役御免です。あとは、それぞれの持ち場へ戻します。

ボウル一つとっても、重石になったり、調理に使ったり、食材を入れたりと一つ3役を担ってもらってます。

道具を買い足さずに、まだまだこんなかんじ大丈夫そうです。


それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


いつも参考にさせていだいています^^

にほんブログ村テーマ 少ないモノで暮らすへ
少ないモノで暮らす

にほんブログ村テーマ 暮らしの見直しへ
暮らしの見直し
2019-02-08 : 暮らしの工夫 : コメント : 0 :

「つめきり」の買え時っていつ?捨て時が今一つわからないモノ「つめきり」 

お久しぶりです。二週間ぶりです。

あっという間に2月ですね。ここ3週間ほどは、仕事に追われてしまって、なかなか落ち着いて文章を書くことができませんでした(;^_^A

2月一つ目の記事は、買い替えです。

CIMG9811.jpg

こちら、今まで使っていたつめきりです。確か20年前にコンビニで買ったモノじゃないかなと思います。一人暮らしをはじめ、間に合わせで買ったものでした。

間に合わせで買ったのですが、すぎてみれば、すごく長い付き合いになりました。

でも、最近ぜんぜん切れなくなってきました。どれぐらい切れないかというと、、うーんと力をいくら入れても、ぱちんと切ってくれないんですよ。

買い替えるまで、つめきりって一生ものっていうイメージでした。買い替えるという考えがなかったんです。だから、ずっと我慢して使っていました。

今となっては、なんで我慢して使っていたんだか、さっぱりです。いやぁ思い込みはこわいこわい。


そんなわけで、近くの大手スーパーに行って、「匠の技 ステンレス製高級つめきり」を買いました。1200円程度です。

CIMG9814.jpg

ようこそ、我が家へ!

さっそく使ってみました。さすがは新しいつめきりです。すぱーすぱーっと切れて気持ちいい!音も、パチンッ!パチンッ!!!という音じゃないんです。あくまでパチパチと控えめ。

切れ味が抜群だから、音も控えめなんだとその時初めて気が付きました。

そして力もいらないことにも気が付きました。

さらに、切った後に、つめが布に引っかかることがないことにも気が付きました。

というのは、以前は、つめを切ったら、切り口がガサガサだったので、つめやすりでなめらかにしていたんです。それでも、服やタオルに引っかかったりしていました。

でも新しいつめきりだと、服に引っかかるとかそういったことが無くなりました。


新しいつめきりを使って、そういったことに、初めて気が付きました。たかがつめかもしれませんが、小さなストレスがなくなるのは、とても快適です^^


そして交換時期のチェックポイントを考えてみました。


①パチンっ!という音がすること。

②力が必要。

③つめが、服やタオル、ストッキングなどにひっかかる


以上すべて私の個人的な視点です。①の音や、②の力加減は、ちょっとわかりにくいかもしれません。③がわかりやすいかな。

この3点の内1つが見られるようになったら、交換にしようと考えています。


そんなわけで、旧つめきりは、プラスティックと金属に分けて、捨てることにしました。今までほんとありがとう!


それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


2019-02-05 : 捨てたモノ・買ったモノ : コメント : 0 :

シンプルライフと仏教。母の一周忌で、仏教を学ぶ。

CIMG9807.jpg

母の一周忌を先日行いました。親戚や母の親友、同郷の方がいらしてくれました。

この度お願いしたお坊さんは、伯父の四十九日の時にお世話になったお坊さんでした。その当時、檀家にはならないけれど、それでも来てくれるお坊さんを探していたのです。

そんな方いらっしゃるのか、まったくわかりませんでした。周囲に聞いても、「檀家になるのは必須と思う」という意見がほとんどでした。そこで、ネットの「お坊さん便」に頼もうか、どうしようかと悩んでいることを、いとこに相談したところ、そのお坊さんを紹介されたのでした。

檀家にならなくてもいい。地域にそういうお坊さんがいらっしゃることに驚きました。


そのお坊さんは、とてもざっくばらんな方です。そしてお話好き。聞くとあれこれと教えてくれます。

人に聞けばいいのに、って思われますよね?ところが、なんですよ。浄土真宗はとにかくほかの宗派とくらべてユニークなのです。


たとえば、位牌を用いないとか、卒塔婆も用いない、とか。

亡くなった後は、戒名をいただきますが、浄土真宗では「戒名」とは言わず、「法名」といいますし、その法名も〇〇院○○居士といったランク分け?もなく、すべて釋を頭につけて、あとは漢字二文字だけ。

さらにお盆の時は、盆棚(精霊棚)を作らない(お盆に先祖は帰ってこない、いつでも私たちを見守ってくれているという考え方です)

父に聞いても、伯父伯母に聞いても、みんな16ぐらいで故郷を離れていることもあって、あまり細かくは知りません。
同僚に聞いても宗派が違うので、調整が必要です。

ダメだー。わからーん。ということが、一つ二つ出てくるんです。

悩める私に同僚が、「今度頼むお坊さんに聞いてみたら?」と一言。「あ、そうか!」というわけで、何をどうしたらいいのか、あれこれ聞いてきたのでした。

というわけで、私たちが、仏教を知らないこと、浄土真宗を知らないことも、お坊さんはご存じです。それをふまえて、話の途中途中で、仏教の考え方、浄土真宗の考え方、多宗派の考え方をわかりやすく説明してくれました。

そんなわけで、全部で2時間ほど滞在されたのですが、お経は30分ぐらいかな。それ以外は世間話をしながら、私たち家族のことを聞いたり、仏教の話をしたり、していました。

一年間、仏教系の本を十何冊か読んで一つ知ったことがあります。仏教は、「生きにくい世の中を、心穏やかに生きるための考え方の知恵」なんだそうです。

一方、シンプルライフはというと、私にとって「心穏やかにラクに暮らす方法」です。あ、「方法」を「知恵」に変えてもいいです。一見違うんですけど、目的が大体同じなので、お話を聞いていても、なんだか似てるなぁと思っています。

今までは仏教と言えば、お葬式だけの付き合いというイメージでした。でも今は、お坊さんとのつながりができ、仏教を少し学ぶことができました。


縁が遠かった仏教を勉強する日が、私に来るとは。。。。。人生ってほんとわからないモノです。



それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 少ないモノで暮らすへ
少ないモノで暮らす

にほんブログ村テーマ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖

にほんブログ村テーマ 暮らしごと。へ
暮らしごと。
2019-01-20 : 仏教 : コメント : 2 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR