計量スプーン 料理以外の使いみち

CIMG7557.jpg

料理する際、計量スプーンは大さじ15mlのほうは、よく使いますが、小さじはあまり使いません。けれども捨ててはいません。というのは、料理以外にも使い道があるから。それが酸素系漂白剤の計量です。ふきんやさらしを漂白するときに使います。毎日使っているので、いつも酸素系漂白剤の中に、ぽそっといれています。

使う量は、どのメーカーの酸素系漂白剤でもだいたい同じ。たとえばふきんなどの漂白は2リットルの水に対して、約大さじ1とパッケージに表示されています。こういったところに計量スプーンが出てくるので、使わなくなった小さじを、酸素系漂白剤に使うようになりました(・∀・)ちなみに、私の場合は1.2リットルほどの水を使うので、ざっくりと小さじ2を目安に使っています。

といいつつ、一つ不満があるとしたら、持ち手が長いこと。まだ使い始めの時は、中身の量が多いので、そのままだと、計量スプーンの持ち手がぴょこんと出てしまってジップを止められません。そこをぐいぐい中に押し込んで、ジップをぎゅっと閉じます。願わくば、持ち手がもう少し短いということないんだけどなぁ(・∀・)


それじゃ、また明日~!


ブログランキングに参加しています。
よかったら、読んだよ~とクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016-12-08 : シンプルライフ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR