FC2ブログ

一人暮らしの調理器具は、お鍋2つとフライパン1つ。これだけで、暮らせるものなんですね。

おかしいなぁ・・・・・。なくても暮らせてる・・・・?

先日、フライパンの26cmと20cmを捨てたんですよ。というのは、テフロンがはげて、焦げ付きがひどかったのです。

過去記事 : フライパンを2つ捨てました。そして新しく深型のフライパンを一つ買ってみました!


そして新しく深型のフライパン20cmを買いました。深型は初めて使っています。もし、使ってみてよかったら、26cmの方も深型にしようと思っていたんです。

深型は、煮たり、蒸し煮したり、ご飯を炊いたりとすごく便利でね。気が付くと、26cmの出番がありません。

でも、私、もともと、5つ持っていたんです。

過去記事 : 一人暮らしの調理器具の必要十分な量は5つでした。

それが、土鍋がなくなって4つになりました。

CIMG5956.jpg
右上から時計回りに、フライパン20cm フライパン26㎝、キャセロール20cm、片手鍋16cmです。

そしてフライパン二つを処分し、新しく深型の20cmを迎えました。一方、26㎝のほうは、買い替えずに今に至ります。


以前のブログで、あと一つ調理器具があれば…と書いたのに、普通に、食事は作れています。

・・・・・一つ減らしてもいける。・・・・・うそみたい。。(;・∀・)

私の食事は一汁一菜が基本です。だから調理器具が少なくてもやれるだろうななぁと思っています。

調理器具3つ196

今のところ、調理器具は、キャセロール20cm、片手鍋18cm フライパン深型20cmの3つです。しばらくは、この3つで行こうと思います。

でも、もし、また必要になったら、26㎝のフライパンは、その時買おうっと。そう考えることにしました。




それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図で下のあじさいクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

こういったブログ村のテーマがあります。参考になれば!

暮らしの見直し

捨てても、困らなかったもの

後悔しないモノの捨て方&手放し方


ブログ村のテーマです。興味あるテーマをどうぞ!

ブログ村テーマ 少ないモノで暮らす

ブログ村テーマ すっきり暮らす

ブログ村テーマ 断捨離でゆとり生活
スポンサーサイト
2019-06-20 : 暮らしの工夫 : コメント : 0 :

手軽でラク!深型フライパン20cmでご飯を炊いてみて一か月がたちました。



一か月ぐらい前に、持っていたフライパンを二つ捨てて、新しく深型のフライパンを一つ買いました。

過去記事 : フライパンを2つ捨てました。そして新しく深型のフライパンを一つ買ってみました!

これがすごく便利なんです。ちょっと深さがあるだけなんですが、お鍋のようにも使えます。最近はごはんもフライパンで炊くようになりました。

テフロン加工なので、ご飯がこびりつきにくいのです。先日父に持って行ったほたるいかの炊き込みご飯も、フライパンで炊きました。
ホタルイカの炊き込みご飯1964

写真は2合を炊いています。深型フライパン20cmだと、2合が限界だろうと思います。

だから以前は、土鍋で炊いていたんですよ(炊飯器は持っていないのです)。でも、土鍋って、洗う時つるっと手がすべって、割っちゃうんですよね・・・・。そそっかしい私なので、数年に一度割ってしまうんです。

土鍋は育てるものだそうですが、私の場合、育つヒマがありません(;^_^A

そして去年も、一つ割りました。もう、これ以上割るのはやめよう。。思って、土鍋ごはんをやめました。その後、お鍋で炊くようになりました。そうすると、ご飯が結構こびりつくんですよね。

ちょっとストレスでした。そういうわけで、今回の深型のテフロン加工のフライパンで炊き始めたのです。こちらも味はおいしかった笑。テフロンなので、ご飯もこびりつきません。すごくラクです。

土鍋、ステンレス鍋、フライパンはそれぞれご飯の食感が少しずつ違います。

土鍋ごはんは、粒が立っています。
ステンレス鍋は,もっちり感が高い。
フライパンは、パラッもちっとした食感。

と、そんな感じです。

じゃ、どれを選ぼうかと思うと、食味・食感だけでなく、取り扱いがラクかどうかも考えます。

食感や風味は土鍋が一番好みです。でも割れるので、NGです。
ステンレス鍋もいいのですが、ご飯のこびりつきがけっこあるのがネック。しかし買い替えはほぼ必要ありません。
フライパンは食感がパラッ、もちっとしていますが、ちゃんとおいしい。ごはんのこびり付きもなく、扱いはラクです。しかし買い替えが必要。

どれも一長一短です・・・・。

とはいえ、ご飯は、毎日のことです。食感に差はありますが、どれもおいしいです。なので、一番「ラク」をチョイス。というわけで、ご飯はフライパンで炊くようになりました。



それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図で下のあじさいクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

こういったブログ村のテーマがあります。参考になれば!

暮らしの見直し

おいしい生活

暮らしごと。

ブログ村のテーマです。興味あるテーマをどうぞ!

少ないモノで暮らす

すっきり暮らす

断捨離でゆとり生活
2019-06-18 : 暮らしの工夫 : コメント : 0 :

小さな工夫。家に帰って、疲れていても、すぐに料理に使えるように、段取りを変えました。

わかめ19年2

私は、塩蔵わかめがとても好きです。毎日食べます。

塩蔵わかめって、ご存じの方も多いでしょう。春にとれた生わかめを一度、湯通して、たっぷりの塩ふりかけ、水分を出して、塩と一緒に保存したものです。昔ながらのわかめの保存方法です。

乾燥したワカメとは違って、生に限りなく近い食感です。そしていつでも一年中楽しめます。

私の定番は、やっぱり毎日のお味噌汁に入れること。ほか、うどんに入れたり、酢の物にしたり、サラダにしたりとなにかしら毎日食べます。

なんといっても、わかめはローカロリーですし、ミネラルも取れます。たくさん食べても安心ですね(・∀・)

ただ、塩蔵わかめには、2つ手間だなぁと思うことがありました。

一つ目は、わかめたちがつながっているんです。だから、袋から一つつかんだら、芋づる式にわかめがぞろぞろ出てきてしまうことでした。

一人前でいいのよーと私は思っても、塩蔵わかめには無理というモノ。

そこで、今までは買ってきたらすぐに袋から全部出して、一回分ずつカットしていました。その時の過去記事はこちらです。

過去記事 : 小さな段取りを重ねて、暮らしやすく

そして切ったわかめをタッパーに入れておき、さっと一回分ずつが取れるようにしました。ずるずる出てこなくなり、ラクになりました。

でも、最近、段取りを少し変えました。それが2つ目の手間だった、わかめを水で戻して使うことです。

今までは家に帰ってから、一回分にカットしておいたわかめを水に浸けていました。でも、それをやめます。そして、最初に一回分づつカットしておくのもやめました。

そのかわりに1週間分ぐらいの塩蔵わかめを取り出し、まとめて水に浸けて戻すことにしました。

わかめ19年3

そしてまとめて戻したあとに手ごろな大きさにカットしておくという方法に変えました。

わかめ19年4

そしてタッパーに入れて置きます。
わかめ19年5

これで、いちいち水に戻す必要なく、すぐ使えます。毎日のことなので、疲れているときは、とても楽でした。

すぐに使える状態にしておけば、あとは、自家製冷凍おみそ汁の具(長ネギ、キノコ、あげなどをあらかじめ切って冷凍しておいたもの)と合わせたら、最低限の手間で、お味噌汁ができます。

小さい工夫ですけどね。

疲れて帰ってきて、それでもすぐ使える素材があると思うと、ほんと気分がラクです。



それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図で下のあじさいクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


こういったブログ村のテーマがあります。参考になれば!

ブログ村テーマ 時短家事の工夫

ブログ村テーマ 暮らしの見直し

ブログ村テーマ 冷蔵庫の整理・収納

ブログ村テーマ オススメの常備菜・作り置き


ブログ村のテーマです。興味あるテーマをどうぞ!

ブログ村テーマ 少ないモノで暮らす

ブログ村テーマ すっきり暮らす

ブログ村テーマ 断捨離でゆとり生活
2019-06-06 : 暮らしの工夫 : コメント : 0 :

これがあるとお味噌汁がラクになる。自家製 冷凍みそ汁の具


CIMG9353.jpg

自家製の冷凍おみそ汁の具です。写真は、もちろん冷凍する前、です。

お味噌汁はほぼ毎日食べていましてね。夜、仕事から帰ってきても、すぐに、ラクに作りたいと始めました。

長ネギ一本、お揚げ1枚、キノコ類一袋(今回はえのきだけ)は絶対入れます。そしてあれば、ちくわ2本ぐらいを入れます。

どれも冷凍できるモノです。そして私の好きなものばかり。


あとは、わかめは絶対入れます。でも一緒に煮込めないので、これは後入れです。ほか、冷蔵庫にあるモノをいれます。


この自家製みそ汁の具のおかげで、最初からすべての具材を切らずに済みます。

一つ一つ切ってもいいんですけどね。その分一つ一つ材料を洗ったり、切ったり、まな板を洗ったりという作業が出てきます。

まとめてやっておくことで、その作業が格段に少なくなりました。

それに、一人暮らしなので、一つの材料を使い切るまで時間もかかります。冷凍しておけば、その点、心配ありません。

けっこう、ラクになりました。


切ったモノをボウルに入れて、がーっと混ぜてから、ビニール袋に入れています。

最初は材料を直接にビール袋に入れて、振って混ぜていたんですが、混ざり方がとても偏っていてザツでした(;^_^A

なので、それ以来、いったんボウルに入れてざくざくと混ぜてからにしています。

あとは平たくして、冷凍庫に入れて凍らせています。

今はビニール袋ですが、いずれ、タッパーに入れよう、と思っています。


一人暮らしの、小さい工夫の話でした(^O^)


それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

ブログ村のテーマです。参考にさせていただいています。

ブログ村テーマ 暮らしの見直し

ブログ村テーマ *日々の暮らし手帖

ブログ村テーマ 美味しい暮らし♪♪

ブログ村テーマ 少ないモノで暮らす
2019-05-12 : 暮らしの工夫 : コメント : 0 :

鍋は二つだけ。調理器具も少ないので、手作りみそ約4.5㎏は、家にあるモノをすべてを使って作りました。

CIMG9885.jpg

調理器具も、持っている数は少ない方だと思います。

一人暮らしで、たとえば、鍋は16cmの深型の鍋と、20cmのキャセロールのみ。

お味噌を手作りするときは、大豆1kgを二つの鍋で手分けして茹でます。


こういったとき、大きな鍋があったらなぁ。圧力鍋があったらなぁと、ちらっと思います。


思うものの、それ以外あまり使わないこともわかっているので、結局は二つの鍋で茹でています(;´∀`)

大豆を茹でるときはたっぷりの水で茹でたいのですが、写真の通り、上ぎりぎりまで大豆です。ゆでる間、大豆が顔をのぞかせるのを避けたいので、考えあぐねた末、落としブタをするようにしました。

CIMG9878.jpg

先日は、米こうじでお味噌を作りました。

過去記事 : みそを仕込みました。手作りみそは、毎日のおみそ汁をごちそうにしてくれます。

そして、ついこの間、麦こうじが手に入りました。

麦みそは特に九州地方でよく食べられているんだそうですね。父の出身は鹿児島です。そんな父のために、今年はいつものおみそに加えて、麦みそも作ってみることにしました。

麦こうじってこれです。米こうじよりちょっと黒っぽいかな。
CIMG9896.jpg

大豆を茹で始めて5時間。ゆであがりも目安は、親指と小指で挟んでつぶれるぐらいの柔らかさです。

CIMG9888.jpg

5時間かけて煮たら、だいたいそれぐらいの柔らかさになってます。



大豆を煮ている間に、麦麹と塩を計量しておきます。それを洗い桶に入れます。あ、洗い桶は、ちゃんと洗って乾かしてから使っています。

CIMG9895.jpg

何で洗い桶やねんと言われそうです。

というか、これ以上に大きい入れ物がないのです。大きいタライがあったら、混ぜやすくていいのですが、一年に一度のために大きいタライを買うことはしません。

そして、麦麹と塩をよく混ぜておきます。

ゆであがった大豆は、少しずつザルにあげ、水を切ります。こういう時、大きなざると大きなボウルがあったら、一気に済むのに!と思うのですが、これまた一年に一回だけなので、買いません。

CIMG9904.jpg

大豆をミンチにします。スティックミキサーを使えばあっというま。

CIMG9905.jpg

ミンチにした大豆を、さきほどの洗い桶にどんどん入れていきます。これを繰り返すこと10回ぐらい。

全部入れ終わりました。

CIMG9910.jpg

正直、この作業は、ミンサ―があればほんと楽です。ぱぱーっとできてしまいます。けれども大きい鍋や圧力鍋やザルやボウルやタライと同様、一年に一回だけのために買う気は起りません(けれど、さすがに腕がしんどいなぁ・・・)

このミンチにした大豆や麦こうじを床に落とさないように、ぐいぐい混ぜます。

最初は小さいエリアを混ぜ、次へ移動。それを繰り返したあと、全体をおおきく混ぜます。

CIMG9914.jpg

ちゃんと混ざったら、お団子を作ります。

CIMG9915.jpg

空気を抜くのようにぎゅっと握ります。

CIMG9922.jpg

見た目が、コロッケのタネみたい。

作ったお団子は、ボウル2つ(ボウルは、大小の2つだけ)へまとめて入れておきます。

CIMG9921.jpg

それをみそタルに打ち付けて、詰めていきます。途中空気を抜くように、げんこつでぎゅぎゅっと押します。

最後にきれいにならします。
CIMG9923.jpg

ラップをします。
CIMG9925.jpg

重石代わりに、袋に入れた塩を使います。塩だと隅々までよく伸ばせます。味噌にはどうしてもカビがきます。カビは空気に触れるところに来るので、塩で重石をすることで、なるべく空気に当たる面を少なくします。

はみだしたラップを中におりたたみます。、
CIMG9929.jpg

ふたをして、できあがり(^O^)
CIMG9930.jpg


おみづくりは、大きなサイズの鍋や、ザル、ボウルやタライ、そしてミンサーと、道具がそろうと、ホントラクなんです。

でも一年に一回だけなので、買い足さず、調理器具を総動員して、工夫しながら、やってます。

モノが少ない暮らしは、工夫と、多少のがんばりが必要です(;^ω^)


あとは、10月まで寝かせておくだけ。今から秋が楽しみです。


それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村



いつも参考にさせていだいています(・∀・)

にほんブログ村テーマ 少ないモノで暮らすへ
少ないモノで暮らす

にほんブログ村テーマ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖

にほんブログ村テーマ 美味しい暮らし♪♪へ
美味しい暮らし♪♪
2019-03-12 : 暮らしの工夫 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR