FC2ブログ

シンプルライフと仏教。母の一周忌で、仏教を学ぶ。

CIMG9807.jpg

母の一周忌を先日行いました。親戚や母の親友、同郷の方がいらしてくれました。

この度お願いしたお坊さんは、伯父の四十九日の時にお世話になったお坊さんでした。その当時、檀家にはならないけれど、それでも来てくれるお坊さんを探していたのです。

そんな方いらっしゃるのか、まったくわかりませんでした。周囲に聞いても、「檀家になるのは必須と思う」という意見がほとんどでした。そこで、ネットの「お坊さん便」に頼もうか、どうしようかと悩んでいることを、いとこに相談したところ、そのお坊さんを紹介されたのでした。

檀家にならなくてもいい。地域にそういうお坊さんがいらっしゃることに驚きました。


そのお坊さんは、とてもざっくばらんな方です。そしてお話好き。聞くとあれこれと教えてくれます。

人に聞けばいいのに、って思われますよね?ところが、なんですよ。浄土真宗はとにかくほかの宗派とくらべてユニークなのです。


たとえば、位牌を用いないとか、卒塔婆も用いない、とか。

亡くなった後は、戒名をいただきますが、浄土真宗では「戒名」とは言わず、「法名」といいますし、その法名も〇〇院○○居士といったランク分け?もなく、すべて釋を頭につけて、あとは漢字二文字だけ。

さらにお盆の時は、盆棚(精霊棚)を作らない(お盆に先祖は帰ってこない、いつでも私たちを見守ってくれているという考え方です)

父に聞いても、伯父伯母に聞いても、みんな16ぐらいで故郷を離れていることもあって、あまり細かくは知りません。
同僚に聞いても宗派が違うので、調整が必要です。

ダメだー。わからーん。ということが、一つ二つ出てくるんです。

悩める私に同僚が、「今度頼むお坊さんに聞いてみたら?」と一言。「あ、そうか!」というわけで、何をどうしたらいいのか、あれこれ聞いてきたのでした。

というわけで、私たちが、仏教を知らないこと、浄土真宗を知らないことも、お坊さんはご存じです。それをふまえて、話の途中途中で、仏教の考え方、浄土真宗の考え方、多宗派の考え方をわかりやすく説明してくれました。

そんなわけで、全部で2時間ほど滞在されたのですが、お経は30分ぐらいかな。それ以外は世間話をしながら、私たち家族のことを聞いたり、仏教の話をしたり、していました。

一年間、仏教系の本を十何冊か読んで一つ知ったことがあります。仏教は、「生きにくい世の中を、心穏やかに生きるための考え方の知恵」なんだそうです。

一方、シンプルライフはというと、私にとって「心穏やかにラクに暮らす方法」です。あ、「方法」を「知恵」に変えてもいいです。一見違うんですけど、目的が大体同じなので、お話を聞いていても、なんだか似てるなぁと思っています。

今までは仏教と言えば、お葬式だけの付き合いというイメージでした。でも今は、お坊さんとのつながりができ、仏教を少し学ぶことができました。


縁が遠かった仏教を勉強する日が、私に来るとは。。。。。人生ってほんとわからないモノです。



それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 少ないモノで暮らすへ
少ないモノで暮らす

にほんブログ村テーマ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖

にほんブログ村テーマ 暮らしごと。へ
暮らしごと。
スポンサーサイト



2019-01-20 : 仏教 : コメント : 2 :
ホーム

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR