FC2ブログ

そろそろ、喪中はがきを作成。はがきは、これを使いました。

CIMG9504.jpg
11月に入りました(・∀・)

11月になってやろうと思ったことの一つが、喪中はがき作成です。

母と伯父の分です。

伯父の分は、遺品整理の時、はがきをすべて取っておいたので、その方々へだします。


今回は実家と、伯父分合わせて20枚弱なので、自作することにしました。


そんなわけで、お昼休みに、郵便局へ行き、切手が付いた通常はがきを買いました。


通常はがきは、昔、官製はがきとよばれたはがきのこと。

種類は全部で4種類あります。

通常はこちらの二つ。左がヤマユリで普通紙です。右側が山桜でインクジェット紙用です。

普通はがき1 普通はがき2

こちらは、寒中見舞いや喪中欠礼はがきにも使えるはがきです。

切手は、一色刷りの胡蝶蘭。

私は、パソコンで印刷するので、左側のほう(青一色刷りの胡蝶蘭のほう)を選びました。

普通はがき3 普通はがき4


以前も、この胡蝶蘭の通常はがきを使いました。

というのは、忌明けしたとき、弔電をいただいた方へ、お礼状を出したのです。

その時、使ったのが、胡蝶蘭の通常はがきでした。

過去記事: 喪中の時につかう通常はがきは、これ、だそうです。


喪中はがきの書くコトは4つあります。

①「喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます」という挨拶文
②誰が、いつ、何歳で亡くなったのか
③ 故人が生前お世話になったお礼や挨拶
④差出人の名前住所

注意したいのは、2点です。

①句読点を入れない
②行頭の1字下げを行わない

だそうです。

ちなみに、文面はネットで検索すると無料のテンプレートがたくさんあります。

それにそって書くとラクですね。


サクサク作って、11月半ばには送ろうと思います(・∀・)


人生って、死んだら終わりと言いますが、いやいやどうして。

残された方としては、亡くなった後の方が、意外にも、することが多いんだなぁと思う日々です。



それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2018-11-06 : 母の死後 はじめてのこといろいろ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR