FC2ブログ

切りやすそうなところから切ってみよう!捨てられるところから捨ててみよう!切り絵から断捨離を学びました。

CIMG9493.jpg

先日、図書館から、切り絵の本を借りていました。

それが「切り絵作家gardenの切り絵で作る浮世絵 」です。

参考サイト : アマゾンへ飛びます→ 切り絵作家gardenの切り絵で作る浮世絵



今までずっと小さいモチーフは切ってきたんですよ。

でも、gardenさんの本を見ていて、大きいモチーフを切りたくなりました。

トップの写真は、本の中にありました。

なんでも葛飾北斎の「紫陽花に燕」を、gaedenさんが少しアレンジされた切り絵の図案だそうです。


浮世絵は版画なので、切り絵にしやすいみたいです。


この図案見た時、最初はどこから切ろうか、悩みました。

上のあじさいから切ったほうがいいのかな?下のあじさいから?

うーん。どれが失敗が少ないんだろう????


そんなことが考えていたら、ふと、切り絵と断捨離って似ているなぁと思いました。


断捨離の時って、あまりのモノの多さに、どこから手を付けたらいいんだろう?って思ったことありませんか?


そんな時の私の答えは、「目の前から、もしくは、やりやすいところから」です。

失敗してもいいから、まずは、やってみよう!という感じです。

どんなことでも、失敗はありますもん。

次はどうしたらいいか、参考になりますから。


そんなわけで、まずは目についた左のあじさいからGO!

CIMG9507.jpg

細かー。

しんどー

指、痛ー。


ぶつぶつ言いながら(?)切ります。


一つ花びらを切ったら、その横の花びらを切っていきます。


こういったところのも断捨離も同じでした。

一つのスペースをきれいにしたら、周りもきれいにしたくなりますもんね。



CIMG9524.jpg


切り終わったら、右のアジサイの花びらを切っていきました。

途中は、苦しいんですよ。

ずーっと紫陽花を切っているんですけど、終わる気がしなかったです。


それでも、かまわず毎日こつこつ切っていきます。

家に帰ってから、少しの時間だけ切っているので、思いのほか時間がかかりました。


CIMG9548.jpg

そして二週間後、切り終えました。


最後の方になったら、指は痛いし、目も痛い。肩も痛い。

しかし、ずいぶん終わりに近づいてきたのがよくわかりました。


断捨離って、終わりがないという方もいらっしゃいます。

確かに、家族の人数や、年齢でライフスタイルが変わっていきますもんね。

でも、確かに、終わりは無いけれど、あ、ここで、一区切りついたな、と思うポイントって、あるんですよ。


最初のころは、終わりが見えなくて、げんなりするんですよね。

でも、中盤以降は、ぱあっと視界が開けるように、部屋がきれいに、居心地よくなる時がきます。

これって、多分どなたでも、同じ思いをするんじゃないでしょうか。


それまで、こつこつ、やれるところから、続けていきます。

で、完成(^^♪

CIMG9577.jpg

小さいことからコツコツと。(←西川きよし師匠の言葉です(・∀・))


歳を重ねたから、かな。

師匠の言葉が、よくわかるなぁ。。



それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2018-11-28 : 切り絵 : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
あああ、これ、楽しそうです!

こんにちは ゆうこさん。 

私もやってみたくなりました(笑
2018-12-01 06:18 : Biribi URL : 編集
>Biribiさん
おはようございます。Biribiさん(^^)/

切り絵、楽しいですよ。

ただ、線通りに切るだけなので、簡単です。

いろんな本がでてますので、お試しください(^o^)

2018-12-02 07:20 : ゆうこ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR