FC2ブログ

今年一番お世話になった本は「身近な人が亡くなった後の手続のすべて 新版」です

CIMG9643.jpg

久しぶりに本のレビューです。今年一番お世話になった本と言えば「身近な人が亡くなった後の手続のすべて 新版」です。この新版が出版されたのは去年の12月でした。本屋さんで平積みになっていて、手に取ってみたものの、まだ先かなと思っていたのでした。

しかし年が明けてから母が亡くなってしまって・・・。慌てて買って読みました。この本のおかげで、母が亡くなった後の、手続きの流れを頭に入れることができました。

もちろん、この本がないと手続きができないわけではありません。市役所に行けば親切におしえてくれます。でも、できるだけ効率よく手続きしたいですよね?それに、手続きは社会保険だけでなく、銀行や生命保険や医療保険などもありますから。使う書類は大体同じです。だから、効率よく手続きしようと思うと、全体像が見えていた方が、二度手間がないかなと思います。

「身近な人が亡くなった後の手続のすべて 新版」は、母の時はさらっと読んだのですが、伯父の時はじっくり読みました。というのは、伯父の場合は、兄弟の相続だったからです。兄弟の相続の場合は、相続人の兄弟が亡くなっているときは、その子供、つまり甥や姪にまで相続権が広がります。伯父が生きている間に、何を確認して、何を準備しておいたらいいのかが、皆目見当がつかなかったのですが、本を読んで、それがよくわかりました。

「身近な人が亡くなった後の手続のすべて 新版」は、手続きの流れと法律の基礎を知るには十分な一冊じゃないかなと思います。特に相続、遺言などは、とても勉強になりました。読んでおいてよかったです。ほんと。

ちなみに、この本以外で、私からのアドバイスが一つあります。それは持ち物です。身近な方が亡くなったら、認印、免許証、この2つは、肌身離さず持ち歩くこと、おすすめします。亡くなった直後から、不動産売却まで、ずーっと何かと必要だったものです。


それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2018-12-11 : 読書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR