FC2ブログ

実家の片付け。食べ物は、なかなか捨てられない。

CIMG9801.jpg

母が去年に亡くなった後、父は一人で暮らしています。

母の遺品整理を終え、実家の片付けをしていたら、賞味期限の過ぎた食べ物によく出会いました。

これが、自分のモノだったら、サクサク判断できますが、ここは父の家です。だから父の考えに従います。父の基準は大体こんな感じです。

たとえば、

期限が切れたインスタントコーヒー → 好きなので期限が切れていても、飲めたらOK。実際に飲んでいってなくなりました。
期限が切れたとろろこんぶ → 好きなので期限が切れても食べられたらOK。実際に食べているので、こちらもなくなりました。

絶対捨てるのは、あきらかに、どこからみても、傷んでるもの、のみです。

ところが、この中間がありましてね。

好きでも嫌いでもない。とはいえ使い方を知らない。しかしもったいないので捨てない(→しかし、使わない。無限ループなのです)。


そんな食べ物の一つがぎょうざの皮でした。

ぎょうざの皮を冷凍庫で見つけたときは、すでに賞味期限が切れていました。去年、母が買って、冷凍しておいたものです。

処分する?使う?と父に聞くと、「冷凍しておけばな大丈夫だし、あとで使うから、捨てない」と言いました。

まぁそういうなら。。。と思って、ほおっておいたら、年を越しました(;^_^A

正直、今後もぎょうざの皮は使わんやろうなぁ。。。だったら、私が使った方が早いな~と、思いました。


そういうわけで、父に「ぎょうざの皮、使っていい?」と聞くと、二つ返事です。最初からそうしておくのでした。


先日実家に帰ったとき、ぎょうざの具を作って持っていったのは、そんな経緯です。

過去記事:ジップロックコンテナーの長方形1100mlについて。保存容器以外の使い方は、私の場合はこんな感じ。


そんなわけで、冷凍していたとはいえ、一年前のぎょうざの皮です。大丈夫なんでしょうか。。。。解凍して袋を開け、くんくん臭ってみると、傷んでる臭いはありませんでした。

食べるのは父と私のみ。食べてあたっても気が楽です(^^ゞ

傷んではいませんでしたが、上の方のぎょうざの皮は、乾燥して固くてヒダが作れませんでした。だから一か所だけ止めておきました。

下の方のぎょうざの皮は水分を含みすぎて、びろびろと伸び放題。必死につつみこんで、真ん中に置きました。

後は、焼いて、ラー油としょうゆと鹿児島の黒酢で、美味しくいただきました^^v

冷蔵庫もすっきり!父も納得!私も心の荷がおりました!


ちなみに冷蔵庫には10年前の小豆と、金時豆と、黒豆があります。これもそろそろやっつけにかかろうと思います(`・ω・´)ゞ


それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村



いつも参考にさせていだいています^^

にほんブログ村テーマ 少ないモノで暮らすへ
少ないモノで暮らす

にほんブログ村テーマ 冷蔵庫の整理・収納へ
冷蔵庫の整理・収納
スポンサーサイト



2019-02-16 : 実家の片付け : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR