FC2ブログ

私にとって簡単なことでも、高齢の父にとってはハードルがとても高かったこと。

去年、母を見送りました。その後、父は実家で一人暮らしをしています。

去年の春、実家を一度大きく断捨離しました。母の遺品整理を兼ねて、です。

平日は、私が仕事です。なので、土日を利用して、実家を断捨離していました。

その時、やり残した掃除を父は平日にやっていました。週末、実家に帰ると、父が私に言いました。「タンスの上を掃除していたら、ほこりがタンスの木の目に引っ付いて、掃除がたいへん。ほこりをどうにかしたい」と。

その時、「タンスの上に新聞紙を敷いて、半年に一回ぐらいかえたらいいよ」といったのです。そうしたら、「なるほど!」ですって(;^_^A、

自分にとってはカンタンでも、ほかの人はカンタンじゃないことっていっぱいありますね。

父にとって、日常生活の家事は、まさにそうでした。ご飯や掃除や洗濯はできるんですよ。でもそれ以外のことが、欠けていたんです。

一番驚いたのは、ATMの操作が分からないことでした。みんな母がやっていたそうなのです。

というわけで、2か月間、記帳はできず、生活費も下せませんでした。暗証番号は知っていたんでてっきり下すこともできるんだと私が勝手に思っていました。でも、ATMの操作ができないので、現金が下せなかったのです。

あるとき、父から、生活費がない・・・・といわれ、私は????でした。事情を聴き、「それじゃ、銀行に行って、銀行の方に操作方法を聞いてみたら?」といいました。

でも父はそれまで、何度か銀行に行って、聞いてみようと思ったそうです。

でも、ひょっとしたら悪徳銀行員(もしくは、銀行員に見せかけた悪い人かも!?…いや、それって誰やねん・・・)につかまって、全財産盗まれるんじゃないか?と思っていたそうです。。。。

で、現金が下せず、トボトボ帰ってきたそう。しかし手元のお金が残り少なくなってくるのです・・・・。

まさか現金を下ろせないどころか、記帳ができないとは、夢にも思いませんでした。でも本当の話でした。


もちろん、私がやってあげるのは簡単なんですが、生活に必要なお金のことも父自身がやっていかねばならないことです。「大丈夫だよ!そんな悪い人いないから、行っておいで!」と送り出しました。

その次の日、「わしでも記帳で来たぞ!お金も下せたぞ!!!!」と喜びの声を電話で聞かせてくれました( *´艸`)。

今では、送金だって、ばっちりこなせるようになりました。しかも「こっちの銀行のほうが手数料が安くつくゾ」と節約も忘れません。

よく知っているはずの家族のはずですが、意外にお互い知らないことが多いんですね。びっくりしつつ過ごしてきた一年でした。


この日は、そんなことを思い出しながら、タンスの上の新聞紙を新しいものへ変えたのでした。

おだやかな初夏でした。


それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図で下のあじさいクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

こういったブログ村のテーマがあります。参考になれば!

暮らしの見直し

両親、父親、母親

モノを少なく、シンプルに暮らしたい

ブログ村のテーマです。興味あるテーマをどうぞ!

少ないモノで暮らす

すっきり暮らす

断捨離でゆとり生活

スポンサーサイト



2019-06-09 : 父のこと : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR