FC2ブログ

母が亡くなって、私が驚いたこと。父は意外なほど、母を頼りにしていたということ。

うそーと、正直思いました。父は母と一緒に電車に乗るときは切符を持ったことがない、という事実に。

去年母を見送り、介護が必要な独り身の伯父の家に通い始めたころ。そして父と一緒に電車にのった時のことでした。目的地に着き、電車から降りて改札口に行ったんですよ。

私が改札口を通りぬけたあと、父も通り抜けしようとしてぱたんと出口が閉じました。

後ろで父が、「あれーっ?」ていうんです。振り返ったら、改札口につかまっていました(;^_^A

「どうしたん?」と聞くと、「改札口が閉じた」というんです。
「切符入れた?」と聞くと、「切符はお前が持っとんじゃろう?」というんです。
「いや、持っとらんよ」というと、「そんなバカな」というんです。

横にいる駅員さんが不安な顔をしていらっしゃいます(;^_^A

それを横目に、私が言いました。
「だって、最初に渡したやんか。それに改札口は一人々々しか入られへんのよ。」というと、駅員さんは、隣でうんうんとうなずいています。

「思い出して。駅で、切符を買って、一枚渡したよね?」
「うん」
「改札口を通ったよね?」
「うん」
「その後どうしたの?」
「お前に渡した」と即返答。
「なんでやねん!」と突っ込む私。関西弁がつい出てしまった。「違う!渡しとらん!よーくよーく思い出して!」

今度は角度を変えて、聞きました。
「駅で切符を渡したやん?」
「うん」
「改札口を通ったやん?」
「うん」
「その後どこにしまったん?」

うーん・・・・!と父が考えて、「あ!!!」といいました。「わかったぞ!」って。
「それ、どこ?!」というと、「ちょっとまてよー」と言いながらカバンに入っていた小銭入れを出してきてチャックを開けると・・・一枚つまみ出して

「あったー!!!!!」と父。(T▽T)
「でかした!お父さん!」と私!(^^)/
「よかったです!!」と駅員さん!\(^o^)/

どうもすいませんと二人で頭を下げて、父、無事改札口通過。

父曰く、「切符はいつも母さん(←私の母のこと)が持っていてくれた」のだそう。「なんで?」と聞くと、「よく失くすから」ですって。

こどもかっ(;・∀・)

父はしっかりものというイメージでした。母は私をよく頼りましたが、父は私に頼ることは少なかったです。だから、父は結構自立しているんだろうなぁ、と思っていました。

でも、母が亡くなり、少しずつ違うことに気が付きました。

洗濯や自炊や掃除はできるんですよ。

でも、トイレの便座カバーや、お風呂掃除の洗剤がどこで売られているかわからないのです。そんな小さいことから、銀行で記帳したりお金をおろしたり、市役所で手続きなど、誰もがしていることができなかったのです。

そしてこの時はっきりわかりました。父は、私が思った以上に母を頼りにしていたんだということに。その母がいなくなったものだから、そのままスライドして私を頼るわけです。だからと言って、私がすべての代わりはできません。

そういうわけで、小さな問題を一つ一つ解決していきました。父は、私に迷惑をかけたくないと、きっと頑張ったんだろうと思います。今では、父は普通にやっています。

そんな父に、ありがたいなぁと思うのでした。


ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図で下のあじさいクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

こういったブログ村のテーマがあります。参考になれば!

*日々の暮らし手帖

暮らしの見直し

両親、父親、母親


ブログ村のテーマです。興味あるテーマをどうぞ!

少ないモノで暮らす

すっきり暮らす

モノを少なく、シンプルに暮らしたい

断捨離でゆとり生活
スポンサーサイト



2019-06-19 : 父のこと : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR