FC2ブログ

一人暮らしの父へ届けるお惣菜。播州の郷土料理「ひねポン」、そして父との付き合い方。

ひねポン1962

母を去年見送り、それ以来父は実家で一人暮らしをしていましてね。そんな父の様子を見るために、できる限り1週間に一回は実家へ帰っています。その時に一品、持参します。

今日は、「ひねポン」を持っていきました。

「ひねポン」のひねは親鶏を指します。ポンはポン酢のポン。作り方はカンタンです。親鳥を軽く塩を振って、グリルで両面をこんがり焼き、薄切りにしてポン酢であえます。

親鶏の肉は、うまみがあっておいしいんですけど、固いんですよね。だから薄切りにしています。

ポン酢をさっとかけたあと、そのまま食べてもおいしいですが、スライスした玉ねぎを入れたり、ネギをかけたりしてもおいしい。今回は、玉ねぎもネギと焼いたししとうも入れました。

ひねポン1961

あ、ネギは、小口切りではなく、斜め切りに切っています。小口切りにすると、お箸で持った時ぽろぽろと落ちてしまいます。斜めに切ると、細長くなるので、お箸で挟みやすくなります。

具材のようにして食べられるので、最近は、細ねぎはもっぱら斜め切り推奨です。


実家へひねポンを作って持っていったら、いつも、父は「懐かしい味だなぁ」と、ぱくぱく食べています。というのは、父が小さいころ、ひね鶏を食べていたからなんだそうです。


そうそう、家に帰ると、父はずっと話をするんですよ。同じ話も、何度もしてきます。最初のころは、「それ、前も言ったよ」と言っていたんです。

というのは、何度も同じ話を聞くのは、正直苦痛だったのです(;^_^Aでも最近は、私が慣れたようです。いや、真面目に聞くのをやめた、というべきか。

父は、私にどうこうしてほしいと思っているのではなく、ただ話したいだけなのです。たぶん、年を取るということは、多分そういうことなんだなぁと思いながら、適度に相槌を打ち、聞き流しています。

さすがに父も、同じ話を5回ぐらいすると、覚えているようです。私に「・・・・だったんだ・・・という話は、前にもしたな・・?」と聞いてくるようになりました(;'∀')

「そうそう、もう5回目だよ」と言うと、「ごめんごめん!」といって笑います。つられて私も笑ってしまう。

父と上手に付き合うコツを、今学んでいます(^O^)



それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~の合図で下のあじさいクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

こういったブログ村のテーマがあります。参考になれば!

ブログ村テーマ 美味しい暮らし♪♪

ブログ村テーマ オススメの常備菜・作り置き

ブログ村テーマ 作り置きおかずでラクしよう!


ブログ村のテーマです。興味あるテーマをどうぞ!

ブログ村テーマ 少ないモノで暮らす

ブログ村テーマ すっきり暮らす

ブログ村テーマ 断捨離でゆとり生活
スポンサーサイト



2019-06-22 : 父へ届けるつくりおき総菜 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR