FC2ブログ

Self Docter 春号Vol 72は、宋 美玄さん、登場(≧▽≦)

CIMG5471.jpg

愛読している「Self Doctor(セルフドクター)」。

「Self Doctor(セルフドクター)」とは、「自分の健康は自分で守る」をコンセプトにした健康生活情報誌です。

春号のインタビューは、宋 美玄(そん みひょん)さんです。

CIMG5472.jpg

笑顔が素敵です(≧▽≦)キャー

「女医が教える・・・」シリーズの本で有名な方ですね(≧▽≦)キャーキャー

表紙がかなりインパクトがあって、書店でビビりながら、横を通ったので、とてもよく覚えています(゚Д゚;)

まだ手に取ったことがないのが残念!

でも大事なことだと思っています。


さてさて

今回のインタビューは、「女性ホルモンと上手に付き合うには?」です。

そして女性ホルモンに大いに関係の深い月経については、

「ぜひ正しい理解を」とおっしゃられています。


これに関してまとめてみると

特に、10代は女性ホルモンの分泌が多いので、月経痛がひどいこともあります。

でも、20代30代になっても、会社を休むほど重い生理というのは、問題。

「生理は重くて痛い。。。」という方は、それが当たり前の状況ではなく、

早めに病院へ行って相談をしたりと、きちんと対処してほしい。


とのこと。


これを読んで、えーっとおもいました汗

生理って痛いものだと思っていましたから(゚Д゚;)

違うんですね。。。。

むむむ。


もう一つ印象深かった部分を引用します。

多くの女性が作られた女性像にとらわれているように思います。

子宮があること、出産経験があること、(中略)

そういうものが女性の証であるかのようにいわれています。

でもそれは外から刷り込まれた価値観ではないでしょうか?(中略)


「女性は何が当ても、一生女性です」と声を大にして言いたい。

そういうところでアイデンティティを見失わないでください。

自分の体をいたわりながら、生涯を通じて女性であることを楽しんでください。




産婦人科医として、若い方からご年配の方まで、多くの方を見てこられた方のご意見だと思います。

家族を持ち、子供ができると、

仕事・出産・家事・育児。

どれをとっても息つくひまがありません。

もちろん男性の方も、出産以外は同じで大変だと思います。

こどもにかかりっきりで、

自分のことが後回しになっていらっしゃる方も多いと思います。


「自分をいたわりながら・・」と宋さんも書かれていますが、

ほんと5分でもいいから、

自分の体をいたわったり、考える時間があればいいなぁと思っています。


***

セルフドクターというのは、「自分の健康は自分で守る」をコンセプトにした季刊誌の冊子です。

サイトもあります。

それはこちら「セルフドクターネット」です。


私が以前に書いた、「生活健康情報誌 セルフドクター」関連記事はこちら

①自分で自分の健康をメンテナンスする self doctor

②Self Docter 冬号は、エリカ・アンギャルさんのインタビューだよ(・ω・)ノ

③毎日の食事は、10年後の自分をつくってる

***

それじゃ、また明日~!


いつも応援ありがとうございます(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2015-04-04 : 自分のからだを整える方法 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR