FC2ブログ

通知カードが届いたら、あなたは、どうする? マイナンバー制度その2

国民一人一人に12桁の番号を割り振ったマイナンバー制度。

生涯変わることがない番号で、

今後、三年間は、税と社会保障と災害対策のみに使われます。


もう始まっているマイナンバーですが、

私は、副業もしておらず、所得もきっかり税務署にはわかっているので、

今のところ、納税に関しては、特段、不利益なことは、ないかなぁと思っています。


あ、逆に、内緒の副業を全然申告していないわ~って方は、

ひょっとしたら・・・・今まで以上に納税しないといけないかも。


これから、通知カードが手元に届くのですが

届いたら、さっそく、個人番号カードを申請しようと思います。


というのは、

今回、マイナンバーを勉強して思ったのは、
 
① 番号が漏えい(ろうえい)しても、被害が最小限になる仕組みが作られていること(もちろん、漏えいしちゃいけません!)。

② 個人確認も厳しくされている(「なりすまし」が、かなりしにくい。。と思う)

③ 行政手続きをする際は、今まで書類や申請書が必要だったのが、いらないくなるということ。

行政にとっても私たち国民にとっても時間と手間を大幅に減らせること(メリットだと思う)。

④ 通知カードよりも、個人番号カードのほうが使い勝手よさそうなこと。

⑤インターネットで利用できるマイナポータルがあってこそ、この制度は活きるんじゃないかなとおもったこと。


この5つを強く思いました。

③に関しては、結構メリットかなと思います。
 
なんでも市役所への手続きって、その個人の特定にかなり時間がかかっているんだそうです。

なので、待ち時間もなし、ペーパーレスで、お互いの手間が省けるのはいいと思います。


④に関しては、通知カードはいわゆる不完全な身分証明書と言ったらいいのかなぁ。

行政への手続きには、通知カードにプラスして、

運転免許所とか、パスポートとか、つまり、顔写真がついた身分証明書などが必要で、

それがない場合には、健康手帳や年金手帳など2点が必要になってきます。


つまり個人を通知カードで証明するには以下の2パターンがあるのです。

「通知カード」+「写真のある証明書 1点」 (例えば、運転免許証、パスポートなどなど1点)

「通知カード」+「写真のない証明書 2点」(健康手帳、年金手帳 介護保険被保険者証、学生証などなど)


というわけで、通知カード一枚では、身分証明できないようになっています。

ところが、個人番号カードはそれ一枚でOKなのです。



ほか、懸念といえば、通知カードの場合は、そのほかの書類を用意するのも、確認するのも「人間」です。


まさか、と思うけれども、

たとえば、パスポートの顔写真が、偽造ができたら、

「なりすまし」、できちゃうのかなぁ。。。。と

と一瞬思いました。


いやいや、そこまではやらないとしても、

顔写真のない二つの書類が用意できたら、

「なりすまし」できてしまうかも?


うーん。

たぶんだいじょうぶだろうけれど、

ここは、どうなるか、わからないなぁ。。。って思ってます。


というわけで、さっさと、私は私の個人特定のために、スタートダッシュ。


通知カードが届いたら、さっそく個人番号カードを申請したいと思っています。


***
前回はこちらです。

前回はこちら : もうはじまってるよ!マイナンバー制をシンプルに考えてみた その1


***

それじゃ、また明日~!


この記事が、いいね!って思われたら、応援のクリックお願いします(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2015-10-22 : シンプルライフ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR