FC2ブログ

自分で暮らしを手作りをする 「ききがたり ときをためる暮し」つばた英子 つばたしゅういち著

ここ数日のじりじりとした残暑は厳しいですね。

でも、お盆を過ぎてから、夜がぐっと過ごしやすくなりました。

秋の虫の声もちらほら。

昨日、夜に帰宅すると、お月様がとてもきれい。

ごはんを軽く済ませて、一息ついたそんな夜のお供は本です。


図書館で借りてきては、読みます。


今、読んでいるのは、「ききがたり ときをためる暮し」つばた英子 つばたしゅういち著
CIMG7074.jpg

この本が出版されたのが、2012年。

その当時で しゅういちさんが、88才、ひでこさんが85才

そのお二人の日々の暮らしがすごくステキ。

しゅういちさんが立てた家に住み、

二人は、家の前にある畑を、せっせと耕して、できたものを食べて、暮らす生活。


80を過ぎても、こうもたのしく、元気に生活できるのかと、少し驚きながら、読んでいます。


中でも好きなフレーズがありました。



ここは、お母さんからいただいた土地で、次の世代に渡さないといけないから、

主人も私も、自分たちのものとおもっていないの。


ここでは土地のことを書かれているんですけど、なんかね、この考え方がいいなぁと思いました。


このモノは自分のモノというよりは、ただ借りているような感じです。

次の世代に渡すために、今、たまたま私の手元にあると言ったらいいのかなぁ。


自分でさえも、大きな時間の流れの中に生きている感じで、いいフレーズだなぁと思いました。



それじゃ、また明日~!


この記事が、いいね!って思われたら、応援のクリックお願いします(・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2016-08-19 : 読書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR