FC2ブログ

いつか捨てるのに、どうして買うの?

CIMG8176.jpg

久しぶりに本を買いました。「英語は3語で伝わります 」中山祐木子著です。いわゆる実用本ですね。近所の本屋さんでは一位の売れ行きの本とのこと。結構話題の本らしく、テレビでも紹介されたらしいです。

人気の本なんだなぁとすぐわかったのは、近所の図書館にも入っていたことと、その本を予約されていらっしゃる人数が、半端なく多かったです(;´∀`)

別に買わなくとも、図書館の予約の順番を待っていればいいじゃないって、思われるかもしれません。でも、タイトルをみて、目次をみて、「うん、これよさそう!私に合いそう!」と思ったので買いました。

たとえ、そのあとで処分をするとしても、です。

捨てるのに、なぜ買うの?っていわれそうです。その答えは簡単です。それは、今とこれからの私に必要だからです。捨てるのは、もう必要じゃなくなったからです。特に実用本は、そんなかんじです。

以前は、本を捨てるのがつらかったです。でも今は、そんなにつらくはありません。というのは、本に書かれていることを一つでも実行しようと思っているから。

でも、途中でやめてもOKとしています(・∀・)(そこはゆるく。。自由に・・)

ちなみに、逆に本を捨てるのがつらかったときは、読んだらそのまま。行動に移すこともそんなになかったかと思います。そんなふうにあまり生かしていなかったような気がしています。

やっぱり目で読んで頭で理解して、そのままにしておくのと、実際にやってみることとは、理解の深さが違っていきますね!

私自身も一歩ステップアップしますし、その本の著者も、きっと「行動する」ことを望んでいらっしゃるんじゃないかな。。と思います。

なので、読んだ後は、小さくとも、一つ行動を起こしたら、よしとしています。そして、そのあとは、半年たっても読み返さないなら、そのまま処分となります。

もちろん感謝を込めて。


ちなみに、「英語は3語で伝わります 」中山祐木子著は、おもしろかったです。特に、これを知ってよかったなと思ったのは時制です。

中山さん曰く、時制は「時表現の工夫により、現在形過去形現在完了形、そして未来の表現(will)だけを使って、コミュニケーションを円滑に進めることが可能です。」と書かれています。

つまり、それ以外の難しい時制(現在完了進行形とか、過去完了形とかほかいろいろ)は捨てていい、と言っているところ。現実の会話で、確かにそんなにたくさんの時制は使いませんよね。4つの時制だけで、会話ができそうでしたよ。

この本を参考に、英作文をしてみようと思っています。


それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
よかったら、読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ


にほんブログ村
スポンサーサイト



2017-04-04 : シンプルライフ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR