FC2ブログ

節税だけではありません。女性の味方になる i Deco(イデコ 確定拠出年金) の良さ。

CIMG6685.jpg

去年の7月から確定拠出年金を始めました。確定拠出年金の愛称はi Deco 。イデコと読みます。

過去記事 : 老後もお金に困らないために、今からできること。

イデコは、年金とついている通り、国民年金、厚生年金、そして企業年金などに続く、年金制度の一つです。でも今までの年金とは決定的に違う点があります。

それは、イデコは、「自分自身で投資などで運用していくこと」なのです。

え?…確実にもらえるお金じゃないの?

そうなんです。実際、投資した以上に増えるかもしれませんし、減るかもしれません。怖いですよね。いや投資って、今を持っても怖い。でも、メリットもデメリットも考えたうえでスタートしました。

イデコは、毎月一定金額を、60歳まで積み立てていきます。デメリットは3つあります。

①60歳まで途中解約はできません。
②実際に60歳になったとき、リーマンショックが来たら・・・・損するかも(その際は受け取り開始年齢を延長をする予定です)。
③今は、特別法人税が凍結されています。復活したら。。。うーん。これが一番の不安要素かな。

そんな風にデメリットもあるのですが、その反面かなりのメリットもあります。

①掛け金は、すべて所得控除されます。
②運営中は利益に対して課税(現行約20%)されません。
③複利で運営されます。
④受け取り時にも税制優遇措置があります。

イチバン多く言われるのは、①の節税でしょうか。ここって結構大きいと思います。

さらに、です。今年の1月から法改正が行われましてね。イデコを利用できる方の範囲が増えました。

それまで公務員や、専業主婦の方は加入することができなかったのですが、この法改正によって、現役世代のほぼすべてが対象となります。

ここがとても重要だと思っています。

よく確定拠出年金よりも企業年金がいいんじゃないか?って言いますね。企業年金のほうが、確実にもらえるんだと。でも、企業年金は、転勤した際にも次の企業へ持ち運びできるかといったら、あまりしていないんじゃないでしょうか。一時金を受け取っておわりというパターンが多いと聞きます。

さらに女性は、就職、結婚、出産、再就職。。。と目まぐるしくライフステージが変わっていきます。一つの会社に定年まで勤めあげる方はどれぐらいいらっしゃるでしょうか。

その点イデコは、どのライフステージでも持ち運びができます。就職しても専業主婦でも、アルバイトでも。

イデコは、税制などの優遇を受けながら、どのステージであっても、自分自身でお金を払って自分自身が運営していくまさに「私の年金」です。

というわけで今季の運営の結果は、どうだったか?というと。。。。それは次に( *´艸`)


それじゃ、また明日~!

ブログランキングに参加しています。
よかったら、読んだよ~の合図でクリックしていただくと、とてもうれしいです(・ω・)ノ


にほんブログ村
スポンサーサイト



2017-05-06 : シンプルライフ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
シンプルライフを楽しんでます!10年後も楽しく暮らすためのコワザとダンドリの数々を書いています。(・∀・)

にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR